J-MOTTOサービスにおける既知の問題

J-MOTTOグループウェア(Office365連携)

事象:

・Microsoft 365連携の同期処理(手動・自動)のタイミングで、

定期/不定期の予定を変更していないにも関わらず、Microsoft 365より予  定の通知メールが送られてしまう。

・同期対象のユーザー数、及び定期・不定期の予定の件数が多く、

且つ送信メールサーバーにExchange Onlineを設定されている場合は、

Exchange Onlineの送信制限を超過しウェブメールやOutLook等の他のメールの送信が行えない場合もある。

期間:2021年4月25日より

対応:対応検討中

暫定回避対応:

Microsoft 365連携の[共通設定]-「スケジュールの同期設定」欄の「自動で同期」にて「同期の間隔」を60分に拡張いただくか、「行わない」と設定いただく事で自動同期により定期的に通知メールが送信される頻度を抑えることができます。

また、[共通設定]-「スケジュールの同期設定」欄の「スケジュールの同期」を「行わない」と変更いただく事で同期処理自体を停止できます。

J-MOTTO ワークフロー

発生事象:MicroSoft Edge、もしくはGoogle Chromeを利用し、部署承認設定画面にアクセスした場合、画面のレイアウトが崩れて表示される。もしくはつながらない。

原因:部署承認設定内の、部署の設定にて承認者として紐付けされているユーザが1人も存在しない状態になると、該当の事象が発生。

回避方法Internet Explorerを利用する。

対応:2021年09月中旬修正予定

(iOS向け)J-MOTTOグループウェアアプリ

事象:グループウェアアプリ>設備予約>既に登録されている予定をタップするとアプリが閉じてしまう場合がある

対応:原因調査中

■J-MOTTOサイト(技術情報)

事象:J-MOTTO退会後、翌月中までは会費情報を確認できる機能を提供しているが、正しいログイン情報を入力してもアクセスできない
対応:システム改修を予定しておりますが、お急ぎの場合はサポートセンターにて請求書のPDFなどをご提供しますのでお問い合わせください。

■J-MOTTOグループウェア(AppSuite)※2021/5/10掲載

事象

部品を複製した際にそのデータが存在しないことになり、削除不可となる


判明している再現手順(この手順を行わないでください

  1. 画面デザインの編集画面で、「複写して新規作成」ボタンを押す。
  2. 複写作成された画面の編集画面で、いずれかの部品を選択して「部品の複写」を実行する。(「作成」ボタンを押す前に実行する)

回避(代替)策

「複写して新規作成」ボタンを押した後、「変更」ボタンを押して 画面を保存してから、「部品の複写」を実行してください。

J-MOTTOサイト

Microsoft Edge バージョン「89.0.774.45」を利用していた場合、J-MOTTOログイン画面の「ログイン」ボタンが無反応でログインができない 

エラーログなど、情報提供頂ける場合(Edge開発者ツールのエラーログ取得)

 

手順1

 J-MOTTOサイトにアクセスし、ログイン画面(会員ID、ユーザーID、パスワード入力画面)を表示し、会員ID、ユーザーID、パスワードを入力までおこなう

※入力のみで「ログイン」は押さないでください。

手順2

 (画像a参照)Edgeの設定メニューから「開発者ツール」を選択、起動する

手順3

 (画像b参照)左側にログイン画面側で「ログイン」を押す

手順4

 (画像b参照)メッセージエリアに何か表示された場合はそのエリア上で右クリックしてメニューを出し、「名前を付けて保存」して、弊社サポートセンター(support@j-motto.co.jp)まで、お手数ですが、メールにて送付をお願い致します。

 

画像a

画像b

■J-MOTTO Web勤怠(AKASHI)

影響 [設定]>[企業設定]の[システム設定]タブの[申請承認・回覧者]が[組織階層に従う(旧設定)]が設定されている状態でも、新しい仕様の画面が出てしまうことがある。

原因 バージョンアップ時の不具合

時間 不明

解消方法 [設定]>[企業設定]の画面で[組織階層に従う(旧設定)]に設定されているまま[確定]を押下。

 ■J-MOTTO Web勤怠(AKASHI)

影響 GoogleChrome利用した際、打刻画面に表示される時刻にずれが生じる場合がある。(出勤簿へ記録される打刻時間には影響しません)

原因 GoogleChromeのタイムゾーンの不具合

時間 2021年01月28日(木) ~

解消方法 GoogleChrome以外のブラウザを利用する。
※Web勤怠システムの不具合ではなく、GoogleChromeにおける不具合ですが、お客様への影響を考慮し、記載をしております。

J-MOTTOサイト

発生事象:端末がAndoridでGoogleChromeのブラウザを使用しJ-MOTTOサイトにログインすると、パスワードが空白になってログイン画面に戻る場合がある

期間:2020年11月13日(金)~

原因:調査中

回避策:GoogleChrome以外のブラウザのご利用をお願い致します。

J-MOTTO ワークフロー

発生事象:J-MOTTOグループウェアのポータル画面にJ-MOTTOワークフローのガジェット設定をおこなうと、J-MOTTOグループウェアのポータル上の「タブ」が中央揃えになるなど、利用に支障がない範囲でのデザイン上の影響があります。
対応:対応を検討中

回避策:J-MOTTOワークフローのガジェットをポータルから外すと回避できます。

J-MOTTO WEB勤怠

発生事象:ガジェット打刻ができない、会員情報管理からユーザー利用設定の変更ができない

原因:グループウェアからガジェット打刻する際のデータ連携に利用する「トークン」が、有効期限(一ヶ月)を超えると利用できなくなるため

※なお、この事象はGoogleChromeでJ-MOTTOを利用しているユーザーにのみ発生しています。

回避策:GoogleChrome以外のブラウザを利用すると「トークン」が自動で更新できる

J-MOTTOグループウェア(Office365連携)

エラー:入力値が制限サイズを超えました。[W62]

内容 :「Office365連携」の機能を使う場合に、Office365側から「トークン」(認証情報)をグループウェア側に送信するが、Office365ユーザーの状態により、その「トークン」が想定より大きく、グループウェア側でその内容が格納できない(制限サイズを超える)ケースがある 

緊急措置

J-MOTTOホスティング

対象 共用Bプラン(新環境)をご利用中のお客様

期間 2019年3月20日より(期間未定)

内容 弊社「共用Bプラン(新環境)」を運営されているデータセンターにて海外IPアドレスからの”アカウント乗っ取り”が頻発しているため、一時的に「海外IPアドレス」からの接続を拒否いたします

影響 海外から「共用Bプラン(新環境)」へ直接接続する行為(別記)が不可となります。

※グループウェア等の他サービスに影響はございません。
-------------------

アクセス制限の対象/対象外の例

・海外から直接Pleskログイン、SMTP/POP利用のメール送受信
 → 不可 
 ※接続IPアドレスが「固定」の場合はアクセス許可が可能です。

  弊社サポートセンターに海外接続元IPアドレスをお知らせください。

・海外からグループウェアのウェブメールを使ったSMTP/POPログイン
 → 問題なし(利用可)
・海外からVPN等により、国内回線を経由する場合

 → 問題なし(利用可)

2019/11/4【解決済み】
■臨時サーバメンテナンス(メンテナンス自体は完了済)

対象:J-MOTTO「ファイル共有」サービス

期間:2019年10月26日(土) 22:00 ~ 27日 08:00(10時間)

※グループウェア等の他サービスでは問題は発生しておりません。

  --------------------------------------------------------------------

●メンテナンス後から発生中(影響範囲)

ユーザ以外(例:グループなど)がスペースへ共有されている場合、

以下2つの事象が発生します。

1.対象のスペースが削除されず、画面上更新中のままとなる

2.スペースが削除されないにも関わらず、証跡上は削除成功し、内容は空白で記録される

回避方法 

スペースを削除する際に、一旦対象のスペースからユーザ以外(グループなど)の共有を削除した後、スペース削除の実行をお願いします。

2017/12/14【解決済み】

<J-MOTTOホスティング:特定の宛先に対してメールが届かない(特に海外のメールサーバ宛)>

対象 共用Bプランメールサービスご利用者

 

12/8に共用Bプラン内のお客様のメールアドレスが不正に利用されてスパムメールを大量に配信した影響で共用BプランサーバのIPアドレスが一部の海外系と思われるブラックリストサイト(RBL)に登録される事象が発生しました。

ブラックリストサイトに登録された場合に不正利用を(アカウントの強制停止等により)改善した後に解除申請を行いますが該当ブラックリスト運営側の対応次第のリスト解除となるため、解決までに時間がかかるケースが多いことからメールサーバの配送経路の変更処理により一時的な回避策を実施しております。

  

■対応内容

 12/8 11:00頃   ブラックリストサイトへの掲載状況チェックと解除申請

 12/13 17:40頃 1回目のメールサーバの配送経路の変更を実施

 12/14 13:30頃 2回目のメールサーバの配送経路の変更を実施

※12/13の配送経路変更では不十分であったため再度実施

 01/24 _9:10頃 3回目のメールサーバの配送経路の変更を実施

※01/23に発生した障害の残対応として実施

 

※4/2現在 本件については様子を見ていましたが、送信できないというお問い合わせが無いため、一旦解決済みとさせて頂きます。

2017/11/22 【解決済み】

<J-MOTTOホスティング:Barracuda(バラクーダ)通知メール未発送>

対象 共用Aプランの迷惑メール対策オプションご契約

   J-MOTTO迷惑メール対策サービスご利用者

11/16から対象サービスの機器(Barracuda)から通常デフォルト設定では毎日送付されるはずの隔離メールを通知するメールが送付されないケースがありました。11/21以降は復旧していますが、詳細は確認中です。なお、サービス自体の障害等はなく、迷惑メール対策としては機能しています。

2017/11/1

<J-MOTTOサイト:ページ内ジャンプが機能しない>

対象「Chromeブラウザ(派生ブラウザ含む)」

Chromeブラウザ(Android標準のChromeブラウザなどの派生ブラウザも含め)において、J-MOTTOサイトを閲覧するとページ内をジャンプするリンクボタンが機能しません。また、ページ最上部へのナビゲーションボタンも機能しません。お手数ですが、ブラウザのスクロールバーを利用して下さい。

※改修予定あり